画像1を表示 画像1を表示 画像2を表示 画像3を表示 画像4を表示 画像5を表示 画像6を表示 画像7を表示 画像8を表示 画像9を表示 画像10を表示

No.302-52 雛人形 親王飾り ひな人形 平飾り 京七番 親王 小京都 金彩刺繍

古来より「鶴は千年」といわれ「長寿を象徴する吉祥の鳥」として、また夫婦仲が大変良く一生を連れ添うことから「夫婦鶴=めおとづる」といわれて「仲良きことの象徴」の鳥として、鳴き声が共鳴して遠方まで届くことから「天に届く=天上界に通ずる鳥」といわれるなど、民衆の間に「めでたい鳥」として尊ばれてきた鶴の刺繍を施した、御祝いにピッタリの雛人形です。

金額:
378,510 円(税込)
サイズ:
間口120×奥行57×高さ64(cm)

注文する
メールで問い合わせる

01

姫のお顔
やさしく穏やかな表情の中に凛とした美しさが見られる、気品あふれる顔立ちのお姫様。静かな笑みは気高く、麗しく、優しい眼差しで見る人の心に語りかけてくるようです。

02

殿のお顔
一流のカシラ師によるお顔には気品と優雅さが溢れています。穏やかな表情をした親しみやすい顔立ちのお殿様は、優しさの中にも力強さを感じさせます。

03

姫の衣装
赤を基調とした豪華なお姫様の衣装です。本格サイズのお雛さまは、十二単を忠実に再現しており、ボリュームのある重ね部分がとても美しいお姫様の衣装です。

04

姫の衣装
赤を基調とした豪華なお姫様の衣装です。本格サイズのお雛さまは、十二単を忠実に再現しており、ボリュームのある重ね部分がとても美しいお姫様の衣装です。

05

殿の衣装
着物全体に、金彩刺繍を施した煌びやかな着物です。長寿や仲の良い夫婦の象徴とされる、鶴の刺繍をあしらった縁起の良い着物です。

06

殿の衣装
背面の腰につけられた、身分の高い象徴とされる魚帯・石帯は宮中へ出入りする際の符を入れるものです。朝廷の正装である装束には必ず取り付けられていました。

07

屏風
古来より「鶴は千年」といわれ「長寿を象徴する吉祥の鳥」として、また夫婦仲が大変良く一生を連れ添うことから「夫婦鶴=めおとづる」といわれて「仲良きことの象徴」の鳥として、鳴き声が共鳴して遠方まで届くことから「天に届く=天上界に通ずる鳥」といわれるなど、民衆の間に「めでたい鳥」として尊ばれてきた鶴の刺繍を施した、御祝いにピッタリの屏風です。

08

花飾り
雛飾りに華やかさを添えるお花には紅白梅をご用意しました。京都御所の中で最も大きな御殿「御常御殿」。その壺庭には紅白梅が植えられています。

09

お道具
高級感あふれる溜塗のお道具は、雛飾り全体をワンランクアップさせる名脇役です。

10

サイズ

ご購入特典ご購入いただいたお客さまにもれなくプレゼント

ご購入いただいたお客さまにもれなくプレゼント

お手入れセット
お手入れセット

羽ばたき、拭布、手袋入り

保証書
保証書

20年間の保証書です。

オルゴール「ピンク」
オルゴール「ピンク」

写真とお名前が入れられます。

赤毛せん「無地」
赤毛せん「無地」

オリジナルネーム木札
オリジナルネーム木札

高級感あふれる木製立札は、焼印仕上げによる立体仕上げです。