No.302-70 雛人形 親王飾り 京十番サイズ 飛鳥雛 金彩刺繍衣装

  • 殿のお顔
  • 姫のお顔
No.302-70 雛人形 親王飾り 京十番サイズ 飛鳥雛 金彩刺繍衣装
※当店の楽天サイトへリンクします。今すぐクリック飛鳥雛とは…

従来の雛人形にはない豪華さと、流麗な美しさがギュッと詰め込まれた匠の技が感じられる当店イチオシの雛人形です。
殿のお顔01
凛とした上品な表情のお顔が、豪華な衣装に良く似合います。名匠と称される熟練作家の技術の高さが高貴な香りを漂わせます。
姫のお顔02
やさしく穏やかな表情の中に凛とした美しさが見られる、気品あふれる顔立ちのお姫様。静かな笑みは気高く、麗しく、優しい眼差しで見る人の心に語りかけてくるようです。
殿の衣装03
清々しさや凛とした雰囲気で、一部の特権階級の人にしか許されなかった紺色。歴史的背景を見ても、その価値は、特別です。
藍染めのごく濃い色である紺色。藍染めの専門家を紺屋(こうや)と言ったことから、染め屋をみな紺屋と呼んでいたことから【紺色】という馴染みのある言葉が生まれたほどです。
殿の衣装04
桜の絵柄を織り込んだ裂地に、さらに桜の刺繍を施しました。
落ち着いた色合いに映える桜の刺繍で、品格あるお殿様の衣装をしあげました。
背面の腰につけられた、身分の高い象徴とされる魚帯は宮中へ出入りする際の符を入れるものです。朝廷の正装である装束には必ず取り付けられていました。
姫の衣装05
定番である赤い着物のお雛様。身衣(みごろ)と、出袖(でそで)の布の色合いの組み合わせで印象が大きく変わってしまいます。
女性の感性でアナログ的に発想したものと、科学的根拠を融合させ、論理付けされた色彩バランスは、大人になっても飽きの来ない絶妙な衣装に仕立てています。
姫の衣装06
雛人形では、裳を後から着付けることで唐衣の背の裏地付け等を省いていますが飛鳥雛は、本来の形式で唐衣全体を総裏作りし、裳の上から着付けることで、従来の雛にはない豪華さを演出しています。
屏風07
総ひのき造りの飾り台に、金で描かれた高級感漂う桜柄の屏風。
雛人形の上品さと優雅さを、さらに引き立てる重要な役目です。
花飾り08
日本人にとって、桜はおなじみのお花ですが、橘は古来から不老長寿の木とされてきて、ありがたい木とされ、平安神宮や八坂神社にも植えられているそうです。 橘と桜の共通点は、「魔除け」の花ということ。 京都御所紫宸殿に植えられていた理由も、霊力があり、魔除けになるとされていたからと言われています。
お道具09
木製品の本格志向の琵琶と琴のセットです。(※観賞用なので音は出ません。)
サイズ10

No.302-70 雛人形 親王飾り 京十番サイズ 飛鳥雛 金彩刺繍衣装※当店の楽天サイトへリンクします。今すぐクリック飛鳥雛とは…

従来の雛人形にはない豪華さと、流麗な美しさがギュッと詰め込まれた匠の技が感じられる当店イチオシの雛人形です。

ご購入特典ご購入いただいたお客さまにもれなくプレゼント

ご購入いただいたお客さまにもれなくプレゼント

お手入れセット
お手入れセット

羽ばたき、拭布、手袋入り

保証書
保証書

20年間の保証書です。

オルゴール「ピンク」
オルゴール「ピンク」

写真とお名前が入れられます。

オリジナルネーム木札
オリジナルネーム木札

高級感あふれる木製立札は、焼印仕上げによる立体仕上げです。

赤毛せん「無地」
赤毛せん「無地」