画像1を表示 画像1を表示 画像2を表示 画像3を表示 画像4を表示 画像5を表示 画像6を表示 画像7を表示 画像8を表示 画像9を表示 画像10を表示

No.507-20 五月人形 ガラスケース入り 鎧飾り 燻銀 真田幸村

真田幸村の兜は、両側に鹿の角をあしらっていました。兜の前面には「六文銭」が付いています。三途の川の渡し賃の「六文銭」には、命がけで戦に挑む心意気が込められています。

金額:
88,770 円(税込)
サイズ:
間口52×奥行35×高さ61(cm)

注文する
メールで問い合わせる

01

【鎧飾り】
お節句の鎧・兜は男の子が病気や事故等の災害から身を守るためのお守りとして飾ります。お節句は「無事に大きく育て」という親の願いが受け継がれてきた、日本ならではの大切な儀式です。

02

【兜 -かぶと-】
鎧・兜は初節句だけでなく、長く飾り続けるものです。その為には、大人の目から見ても飽きのこない「よい造りのもの」を選ぶことが大切です。

03

【鍬形 -くわがた-】
真田幸村の兜は赤く、両側に鹿の角をあしらっていました。兜の前面には「六文銭」が付いています。三途の川の渡し賃の「六文銭」には、命がけで戦に挑む心意気が込められています。

04

【吹返し -ふきかえし-】
刀が当たらないように顔を守る部分です。大きく張り出した吹き返しは、細工の見どころの一つです。

05

【草摺 -くさずり-】
胴の下に付け、腰から太腿を守るものです。威の編み目は職人の技術がはっきりと表れ、前姿だけでなく、後ろ姿の編み目の美しさも大切です。

06

【佩楯 -はいたて-】
膝を守るための防具で、両大腿部前方に付けます。紐の網目である「威し」の美しさを堪能できる部分です。

07

【肩威し -かたおどし-】
紐の網目である「威し」の美しさを堪能できる部分です。

08

【角切ケース】
立体的な六面ケースにすることにより、お部屋のどこからでも、重厚感のある鎧を堪能することができます。

09

【黒塗ケース】
伝統工芸の枠を生かした光沢加工の木製黒塗りケース。王道ともいうべき黒塗のケース枠は中の鎧飾りを力強く見せるのに効果的です。

10

【サイズ】

ご購入特典ご購入いただいたお客さまにもれなくプレゼント

ご購入いただいたお客さまにもれなくプレゼント

お手入れセット
お手入れセット

羽ばたき、拭布、手袋入り

保証書
保証書

20年間の保証書です。

オリジナルネーム木札
オリジナルネーム木札

高級感あふれる木製立札は、焼印仕上げによる立体仕上げです。