画像1を表示 画像1を表示 画像2を表示 画像3を表示 画像4を表示 画像5を表示 画像6を表示 画像7を表示 画像8を表示 画像9を表示 画像10を表示

No.708-68 8号 優(ゆう) 初正月のお祝い。ミニサイズの羽子板

本金彩色衣裳きらびやかな金の色使いが非常に美しい本金彩色仕上げを施したお衣裳です。

金額:
24,600 円(税込)
サイズ:
間口21×奥行17×高さ37 (cm)

注文する
メールで問い合わせる

01

羽子板飾り
羽子板は、新年の幸せを祈ったり、赤ちゃんが、丈夫に、すくすくと育つようにとの願いを込め て飾ります。女の子の初正月に羽子板を 贈るのは、 魔除け・厄被いの意味があります。

02

お顔
絹の布地にさまざまな太さの筆を用いて手描きで描かれるお顔。 古典の表情を基調としながらも、目の大きさ・口地の色使いなどに現代的感覚を取り入れています。一つ一つ手書きのお顔はとても愛らしく、熟練の面相師の高い技術が感じられます。

03

髪飾り
『本つげの簪(かんざし)』使用。つげの木は固く粘り気があり、古来から固く変わらない絆を表す縁起物とされてきました。

04

扇飾り
日本舞踊に用いられる本物の舞扇と同じ手法で作られています。職人ならではのこだわりです。

05

高級本金彩衣裳
本金彩色衣裳きらびやかな金の色使いが非常に美しい本金彩色仕上げを施したお衣裳です。金の盛り上がり部分とやさしいお花の色合い、豪華さと繊細さの絶妙なバランスが高級感と可愛らしさを演出します。

06

持ち手部分 -柄(つか)-
手間をおしまずこだわりを持って創作された羽子板にのみ記される証。持手の部分には、一針一針丁寧に縫い上げられた金糸による「匠一好」の刺繍が施されています。

07

羽子板の裏側
上質な桐材に手描きの絵が施された羽子板の裏側。見えない所にも妥協を許さない名人<匠一好>のこだわりが光ります。

08

ケース
素材の木目を生かした落ち着きある木製ケースです。工芸品としての趣が深まり、高級感をかもし出します。

09

前扉式ケース
当商品は前扉式のケースを採用しています。扉を手前に引いて開けられるのでお手入れが手軽にできます。

10

ご購入特典ご購入いただいたお客さまにもれなくプレゼント

ご購入いただいたお客さまにもれなくプレゼント

お手入れセット
お手入れセット

羽ばたき、拭布、手袋入り

保証書
保証書

20年間の保証書です。

「赤」丸型名前札
「赤」丸型名前札

赤塗のお名前札は、高級感あふれる金文字で、お名前が入ります。